ビタミンB1 (チアミン硝化物)/ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)が関節痛にもたらす効果・効能

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)とは

グルコンex錠プラスには、ビタミンB6とビタミンB1が配合されています。

 

ビタミンB6とは

ビタミンB6は、別名ピリドキシン塩酸塩といい、たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンです

 

体内に摂取されたたんぱく質は、まずアミノ酸に分解、吸収された後、必要なたんぱく質に再合成されますが、それを促進するのがビタミンB6です。

 

ビタミンB6が不足すると、口内炎、皮膚炎、肌荒れ、不眠などを引き起こします。また、妊娠中の女性のつわりや生理前の不快な症状もビタミンB6の欠乏によるアミノ酸の代謝異常やホルモンバランスの乱れが原因の1つと考えられています。

 

ビタミンB6を多く含む食品

  • 魚類
  • レバー
  • とうもろこし
  • ぎんなん
  • バナナ
  • キャベツ

ビタミンB1とは

ビタミンB1は、別名チアミン硝化物といい、日本人研究者によって発見された水溶性ビタミンです。

 

糖質を分解し、エネルギーに変える酵素を助ける補酵素の役割をします。

 

不足すると、エネルギーを作ったり、老廃棄物の代謝が弱まり、脚気や倦怠感、食欲不振、血圧異常を引き起こします。

 

また、体だけではなく、脳や神経の働きを正常に保つ働きがあり、不足すると精神的な不安も引き起こします。

ビタミンB1を多く含む食品

  • 胚芽米
  • 豚肉
  • 牛や豚のレバー
  • イモ類

ビタミンB1は、ニンニクと一緒に食べると吸収率が高まります。

 

では、なぜビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)とビタミンB1 (チアミン硝化物)が関節痛の緩和に効果が期待できるのでしょうか?

 

ビタミンB6は新陳代謝をスムーズにするビタミンで、神経伝達細胞の合成にもかかわっていて、神経伝達細胞を修復して、痛みの伝達を緩やかにしてくれます。

 

ビタミンB1は、炭水化物からエネルギーを生産する栄養素で、神経の働きを正常に保つ作用があります。

 

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)とビタミンB1 (チアミン硝化物)は、筋肉や神経組織の新陳代謝を促して、痛みを緩和します。