グルコンex錠プラスの口コミと効果【膝・肩・腰の痛みには医薬品です】

グルコンex錠プラスを選んだ理由

グルコンex錠プラス

今なら初回1,980円

↓↓↓

http://www.nihonyakushido.com/

グルコンex錠プラスは、ひざの痛み・腰痛・五十肩などの関節痛、神経痛に効く医薬品として日本薬師堂から販売されています。

 

CMや通販では、関節痛や神経痛などのつらい痛みに効くと宣伝している製品がたくさんあります。

 

膝の痛みを抱えている私が、グルコンex錠プラスを選んだのは医薬品だからです。そう!確実に効果を得たいなら、サプリメントよりも医薬品です。

 

当サイトでは、グルコンex錠プラスを実際に飲んだ上で、効果や評価などを口コミレビューしています。

 

合わせて、グルコンex錠プラスの最安値情報も掲載しています。グルコンex錠プラス購入を検討中の方のお役に立てれば幸いです(^^)

関節痛には医薬品よりサプリメントがいいのはなぜ?

ここでは、医薬品とサプリメントの違いについて簡単に説明します。

サプリメント

健康の増進や維持に役立てるもの

 

毎日の食事だけでは不足しがちな栄養を補うことを目的としたもので、食品として位置づけられています。

 

あくまでも足りない栄養を効率的に補うことで、免疫力や治癒力を高め、病気の予防や健康な体を作ることを目的としてます。即効性はなく、長く飲み続けることで、病気を予防するものということになります。

医薬品

病気の治療や症状の緩和を目的としたもの

 

医薬品は、薬機法(薬事法)という法律に基づき、厚生労働省の認可を受けて販売されます。厳しい基準の元に製造や品質管理が行われ、効果や効能について科学的に証明されています。

 

病気の治療や症状の緩和に対して、即効性がある反面、副作用のリスクもあります。

 

サプリメント医薬品の決定的な違いは、薬事法で規制されているかどうかです。

 

食品であるサプリメントは、薬事法の規制を受けないために、品質の「良いもの」とほとんど効果が期待できない「悪いもの」があるのも事実です。粗悪なサプリメント選ばないようにするためには、正しサプリメントの選び方を身につける必要があります。

 

一方、医薬品は薬事法によって、一定の品質で製造されています。

 

グルコンex錠プラスは医薬品なので、成分内容の有効性や安全性、効果、効能などについて厚生労働省から承認を受けたものです。

 

せっかく飲むなら、効果・効能が認められたものの方がいいで、グルコンex錠プラスを選びました。

 

グルコンex錠プラス

最安値は公式サイト

↓↓↓

グルコンex錠プラスの口コミレビュー

グルコンex錠プラスがやってきました。薬1ビンなのに、意外と箱は大きめです。開けてみてその理由がわかりました。

グルコンex錠プラスが、動かないようにしっかり丁寧に梱包されています。しっかりとした製品作りをしている会社という印象を受けました。

あいさつ文と薄めの冊子が数冊入っています。

 

グルコンex錠プラスのこだわりが記載されています。

グルコンex錠プラスが茶色ビンなのは、光を防いで、薬の変質を避けるためだそうです。

関節痛の専門家によるアドバイスが載っています。わかりやすい説明がいいですね。

 

あんしんナビは、主にグルコンex錠プラスの購入についてのQ&Aが載っています。

効果実感への道のりは、グルコンex錠プラスを飲み始めて効果を実感するまでの目安が書かれています。グルコンex錠プラスをどのくらい飲めばいいのか不安な時に、励みになりそうです。

グルコンex錠プラスの用量・用法

  • 1ビン186錠入り(1か月分)
  • 1回2粒、1日3回食後に飲みます。

グルコンex錠プラスは真っ白な錠剤で、特に問題もなく、するっと飲めます。

 

ところで、薬は飲み方次第で効き目が変わってしまうのを知っていますか。

グルコンex錠プラスの正しい飲み方

原則、コップ1杯の水またはぬるま湯で飲みます。水と一緒に飲むのは、飲みやすくするためだけではありません。

 

水なし飲むと・・・
薬が胃の中で十分に溶けず、吸収されにくく、効き目が悪くなることがあります。

 

薬がのどや食道に引っかかっり、食道炎を起こしたり、胃の中で薬が一か所に固まって溶けずにいると、胃潰瘍を起こす可能性もあります(特に胃の働きが弱っている高齢者は要注意です)

 

薬は水に溶けることによって、吸収が良くなり、きちんと効き目を発揮します。

 

水以外の飲み物と一緒に飲むのは?

コーヒーや紅茶、お茶、ジュース、牛乳、アルコール類と一緒に飲むと、飲み物の成分と薬の成分が作用しあって、薬の効果が変わってしまったり、思わぬトラブルを起こす可能性があります。

 

1日3回食後に服用の薬
特に指示がない限り、食後30分以内に飲むのが原則となっています。空腹時に飲むと胃を荒らす場合もあるので、指示通りに飲みましょう。

 

錠剤をかみ砕いて飲むのはダメ
薬の成分は、胃では吸収されず、腸に届いて初めて吸収されます。ですから、腸で効率よく吸収されるように、薬は何層にも分かれていて、外側から徐々に溶け出すように作られています。こうした薬をかみ砕いてしまうと、効き目が悪くなったりします。かみ砕いたからといって、効き目は早くなるわけではないので、水と共にそのまま飲みましょう。

 

ただし、グルコンex錠プラスはかみ砕いて飲んでもOKとなっていますが、特に錠剤が大きすぎて飲みにくいこともないので、このまま飲めばいいと思いますよ。

こちらに、グルコンex錠プラスの詳しい飲み方が載っているので、ぜひ読んでおきましょう。

 

グルコンex錠プラス

詳細はこちら

↓↓↓

http://www.nihonyakushido.com/

グルコンex錠プラスを飲んだ効果と私の感想

グルコンex錠プラスを1ビン飲み終わりました。

 

今のところは、ひざの痛みに大きな変化はないですね〜(^^;)

 

グルコンex錠プラスを飲み始めて、早い人だと1か月で効果を実感、痛みが強い人で6カ月くらいかかるそうです。

 

ほんの少しだけ、ひざの痛みがましになったような気はするので、グルコンex錠プラスを続けてみようと思っています。せっかく飲み始めたのに、すぐにやめてしまったら、かえってもったいないですから。

 

長く飲み続けるためには、できるだけ安く購入したいですよね。グルコンex錠プラスはどこから購入するのがいちばん安くてお得かを調べました。

グルコンex錠プラスの最安値販売店

まずは、グルコンex錠プラスはどこで購入できるかを調べました。

薬局 なし
ドラッグストア なし
楽天 取り扱いあり
アマゾン なし
公式サイト 取り扱いあり

グルコンex錠プラスは、薬局やドラッグストアなど一般の店舗では販売されていません。

 

ネット通販またはテレビ通販限定の商品です。ネット通販といえば、真っ先に思い浮かぶのが楽天やアマゾンですね。

 

調べてみたところ、楽天にはグルコンex錠プラスの取り扱いがありますが、アマゾンにはグルコンex錠プラスはありませんでした。ただし、楽天で「グルコンex錠プラス」と検索すると、似たような商品がたくさんにヒットするので間違って購入しないようにしましょう。

 

いちばんオススメは日本薬師堂の公式ページからの購入です。公式ページには、グルコンex錠プラスを最安値で購入できる定期コースがあります。

グルコンex錠プラス定期コースのメリット
公式サイトからグルコンex錠プラス購入する最大のメリットは、72%オフになる定期コースが用意されている点です。

  • 通常価格7,178円+送料648円

    1,980円+送料無料

  • 2回目以降ずっとお得な割引価格

    6,458円

  • 送料無料・代引き手数料・振込手数料無料
  • 関節痛の情報についてお届け
  • 電話1本で変更・お休みOK
  • 継続回数:最低1回(電話一本で解約OK)
  • 特典クーポンプレゼント

グルコンex錠プラス

定期コース詳細

↓↓↓

http://www.nihonyakushido.com/

定期コースとなっていますが、万が一満足できなかった場合は、1回でも解約が可能となっているので、安心して購入できます。

 

また、グルコンex錠プラスの定期コースについているクーポンを集めると、枚数に応じてプレゼントがもらえるお楽しみもあります。

 

このようにグルコンex錠プラスの定期コースには、さまざまなメリットがありますが、なんといっても日本薬師堂には「かかりつけの薬店」があります。専任の薬剤師が、グルコンex錠プラスの飲み方やアドバイス、身体の悩みについて相談に乗ってくれます。

グルコンex錠プラス定期コースの解約について

グルコンex錠プラスの解約は電話でできます。ただし、メールでの解約はできないようです。

 

「お買い上げ明細書」に次回お届け予定日が載っているので、10日前までに電話で連絡すれば、簡単に解約・休止の手続きができます。

グルコンex錠プラスにお試しはある?

グルコンex錠プラスのお試しは残念ながらありません。

 

以前は10日分のお試しがあったようですが、現在(2016年)では終了しているので注意してください。

 

でも、グルコンex錠プラスの公式ページから購入すれば、初回72%オフ1,980円になるので、これがお試しということになります。

グルコンex錠プラスの成分と効果

グルコンex錠プラスには4つの有効成分が含まれています。

 

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
関節痛を緩和する成分としてよく知られているコンドロイチンですが、正式名称が「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」です。

 

身体の中、特に関節軟骨に 多く存在し、弾力性の保持や保水性を与えます。さらに、細胞の新陳代謝(栄養を取り入れたり、老廃物を排泄すること)に関与しています。

 

グルコンex錠プラスには、コンドロイチン900rが配合されています。これは医薬品に配合することを承認されている最大量に当たります。

 

ビタミンB1 (チアミン硝化物)/ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
筋肉や神経組織の新陳代謝を促して痛みを緩和します。

 

ビタミンEコハク酸エステルカルシウム
過酸化脂質の生成を抑制し、 血液循環を改善することで痛みを緩和します。

この4つの成分が、すり減った軟骨と痛みの原因に内側から作用して、神経痛、筋肉痛、関節痛(腰痛・肩こり・五十肩など)、手足のしびれ、便秘、眼精疲労などを緩和してくれます。

グルコンex錠プラスの効能
次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛、関節痛(腰痛・肩こり・五十肩など)、手足のしびれ、便秘、眼精疲労

 

次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、 病中病後の体力低下時

グルコンex錠プラスの副作用

グルコンex錠プラスは、医薬品なので副作用ないとは言い切れません。

 

グルコンex錠プラスに限らず、医薬品は病気の治療や症状の緩和を目的として作られているので、即効性はありますが、副作用リスクもあります。

 

ただし、グルコンex錠プラスは第3類医薬品なので、副作用のリスクは低く、安心して飲めます。

第3類医薬品とは何でしょうか?

医薬品はリスクに応じて「医療用医薬品」と「一般用医薬品」に分類されます。

 

医療用医薬品
医師や薬剤師の指導が必要な薬

 

病院でお医者さんに診断を受けた後、処方箋が発行されます。それをもって、調剤薬局に行くと、薬剤師さんによって調剤された薬が渡されますね。その薬が医療用医薬品で処方薬ともいいます。

 

効果が高い代わりに、副作用がでる可能性もあります。

 

一般用医薬品
薬局や薬店、ドラッグストアなどで、処方箋なしで購入できる市販薬で、OTC医薬品とも呼ばれています。リスクの度合いに応じて、第1類から第3類医薬品に分類されます。

  1. 第1類医薬品

    副作用のリスクが高いために、薬剤師による対面販売(書面による説明)が義務付けられている医薬品。薬局で、自由に手に取ることができず、薬剤師の説明を受けてからしか購入できない薬になります。

  2. 第2類医薬品

    比較的副作用のリスクが高く、薬剤師または登録販売者による情報提供は努力義務となっています。

  3. 第3類医薬品

    副作用のリスクが低く、薬剤師や登録販売者の説明義務が不要な薬

 

第3類医薬品であるグルコンex錠プラスは、リスクが低く、比較的安全に飲める医薬品ですが、そうはいってもお薬なのでリスクはゼロではありません。

グルコンex錠プラス使用上の注意として

  • 医師の治療を受けている人
  • 薬でアレルギー症状を起こしたことのある人

上記に当てはまる人は、グルコンex錠プラスを服用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

 

グルコンex錠プラスを服用後、発疹・発赤・かゆみや下痢などの症状が出た場合には、服用を中止して、医師や薬剤師に相談しましょう。

グルコンex錠プラスの飲み合わせ

グルコンex錠プラスとサプリメントやほかの薬との併用
基本的にはOKとなっていますが、心配な場合は医師に相談しましょう。
過剰摂取はNG
医薬品はあくまでも、用量や用法を守ってこその安全性です。一度にたくさん飲んだからと言って、効果がより高まるわけではありません。むしろ、副作用のリスクを高めるだけです。

 

グルコンex錠プラスの服用量は、1日6粒(成人)、1回につき2錠となっています。3回に分けて飲むのが面倒だからと言って、1回に3錠以上飲むのはNG!グルコンex錠プラスは医薬品なので、用量は守りましょう。

 

15歳未満の服用は不可

 

グルコンex錠プラスの販売元の日本薬師堂とは

日本薬師堂は、「ひざの痛みを我慢する母親の姿を見て、なんとかしたい、しなければ…」と考えた創業者の想いから生まれた会社で、第2類と第3類医薬品、健康食品を扱っています。

 

最大の特徴は、専任の薬剤師がいることです。売ったら終わりではなく、専門家に服用中の薬との飲み合わせや健康について様々な相談ができるシステムになっているので、安心感が違います。

 

また、グルコンex錠プラスはGMP基準の国内工場で製造されているので安全性も確かなものです。

GMPとは、「Good Manufacturing Practice」の略で、「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」を表しています。

 

簡単に言うと、安全で一定の品質の製品を作るために守るべき基準となります。

グルコンex錠プラスを飲んでみて

グルコンex錠プラスは口コミの評判通り、安全で信頼性のある製品だと思います。

 

グルコンex錠プラスには、関節痛や神経痛に効く成分として、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンB1 (チアミン硝化物)・ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)・ビタミンEコハク酸エステルカルシウムの4つの有効成分が、関節痛や神経痛を緩和してくれます。

 

特に注目すべき点は、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムの配合量900rです。これは医薬品として承認されている最大量になります。

 

グルコンex錠プラスを1か月飲み終えた時点で、少し痛みがましになったかなという感じです。このままグルコンex錠プラスを飲み続ければ、痛みの緩和が期待できそうなので、続けていくつもりです。

 

日本薬師堂でも、効果を実感するのは3か月以上飲み続けている人に多いといっています。

 

グルコンex錠プラスの定期コースを申し込んでいるので、こちらからストップをかけるまでは、自動的に届くので便利ですよね。

 

やめる時は電話1本で簡単に解約・休止・変更ができるのも助かります。

 

これでひざの痛みが軽くなったら、筋力をつけるためにウォーキングを始める予定です。そして、いずれはグルコンex錠プラスに頼らなくても、ひざの痛みを軽くしていくことを目標にしています。

 

もしひざの痛みなどの関節痛に悩んでいるなら、まずは3か月を1つの目安に、グルコンex錠プラス飲み続けることが大切なことだと思います。